21世紀の再生医療

一躍脚光を浴びた長寿遺伝子の研究ですが、それとは異なるアプローチとして注目されているのが再生医療です。損傷あるいは老化した臓器や組織を再生しようという医療です。

一口に再生医療と言っても、その範囲は広いのです。再生医療の第一段階というべきものは、私たちの身体の組織に存在する幹細胞を利用したものになります。造血幹細胞や皮膚幹細胞など、限定的な細胞にしか分化しないものも多く、実用化までのハードルは比較的低いと考えられています。

実際のところ、皮膚移植や骨髄移植などは既に実用レベルであり、神経細胞についても画期的な報告がされています。

脊髄損傷モデルラットに神経幹細胞を移植したところ、神経ネットワークが再構築され前肢を動かす機能が回復したというものです。

こうした脊髄損傷はいままで効果的な治療法がありませんでしたので、新たな医療の突破口と言えるでしょう。再生医療もまた、大きな期待が寄せられているのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です