イチゴの歴史

イチゴは南アメリカの原産であるそうですが、時を経てヨーロッパに渡った時点で美味しく食べられるように改良され、現在、日本などに流通している「イチゴ」のそのほとんどが、オランダで改良された「オランダイチゴ」の系列であるそうです。甘酸っぱい香りに誰もが微笑むほど可愛らしいフォルムをしている「イチゴ」たちでありますが、最近でもさらに、日本国内でも多くの生産者さん達が品種改良を続けることで、お砂糖よりも甘いのではないかというほど糖度の高い「イチゴ」なども出回るようになりました。「イチゴ』の成分のほとんどは水分であるなどと言われておりますが、その栄養素としてはビタミン C などが豊富であるそうです。また、赤みの強い「イチゴ」にはアントシアニンなども含まれており、抗酸化作用によって眼精疲労の回復などにも期待できそうです。「イチゴ」はジャムにしたりスイーツに利用されたり最近では大福なども定番となってきましたね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です